スポンサード リンク

中割ってなに?

 

中割とは文字通り、中を割るように取っていくというリバーシの基本戦術です。

 

中を割るってどういうこと?ってなりますよね。要するに、自分の色の石を内側(中)に、相手の色の石を外側に配置する戦術です。

 

中割がうまく実践できるだけで、自分の置き場所を確保しつつ、相手の置き場所を0に近づけることができてしまうのです。

 

なぜ置き場所をコントロールできるのか

想像してみてください。盤面の中央には相手の色の石があり、そのまわりをあなたの色の石がきれいに囲んでいます。次はあなたの順番。置くことができる場所はたくさんありますか?

 

この状況は相手が中割に成功し、あなたはかなり追い詰められています。あなたが置ける場所は限りなく少なく、多くとももう数えるほどしかありません。

 

リバーシは中央からスタートし、徐々に端に近づく形で展開していきます。外側に相手の色の石があればあるほど自分が次に置ける場所は確保され、それとは逆に相手の置ける場所は減っていきます。

 

当たり前ですが、外側に相手の色の石を置けるから。これが中割が置き場所をコントロールできる理由なのです。

 

中割の先にあるもの

置き場所を減らせるとリバーシで最も危険とされている、四隅から斜めに1つ内側に入ったマスに置かせられる確率も格段に上昇します。当然、それは隅を取ることにつながっていき、さらに言えば隅を所持しているかどうかは勝利に直結します。

 

中割によって置き場所をコントロールする。そのコントロールによって相手を危険な場所にいざない、隅を獲得する。その結果、有利な状況を作れ、勝負に勝つ。中割のその先には確実に勝利があるのです。

 

リバーシの基本戦術、中割。ここまで中割の仕組みや重要性について説明してきました。中割を制するものは勝負を制す。少し大げさかもしれませんが、学習する価値のあるものです。これを避けていてはリバーシではずっと勝てないままかもしれませんよ。

 

結木千尋

 
スポンサード リンク

リバーシの戦術【中割】関連ページ

リバーシのテクニック【ストナー】
基本的なことはすべて覚えたはずなのに勝てない! リバーシを始めて、強くなるまでの過程にはそういう時期が必ずあります。序盤の有利の作り方や、中盤の有利の維持、不利の返し方、終盤の手のチョイスなど、原因はさまざまです。実は自分がふつうだと思っていた手があまり良くない手だったなんてこともあるかもしれません。知識が少ないせいで負けている対局も0ではないでしょう。例えば、ストナーという技術を聞いたことがありますか?もし聞いたことがなければこれを覚えるだけであなたはもう一段階強くなれます。
リバーシ【C打ち】
世にあるさまざまなものにはその世界だけで使う専門用語があります。ゲームに関していえば、戦略的なものもあるでしょうし、特定のマスなど機能的な説明のための専門用語もあるでしょう。それは当然リバーシにも存在します。ただもともとのルールや遊び方がシンプルなリバーシですからそれほど難しいということはありません。今回はそんなリバーシ用語、C打ちについて説明します。
リバーシの「ウイング」とは?
リバーシにも勝敗を争うゲームである以上、さまざまな悪手が存在します。今回はその中でも辺の形に焦点をあて、ウイングと呼ばれる悪い形について紹介します。
リバーシのテクニック【引っ張り】とは
リバーシでは置ける場所が多いほど自身に有利にはたらきます。当然置ける場所が減っていけば不利になるわけなので、相手をいかにそういう状況に持っていくか考えることが勝利する上で重要なプロセスで、そのためにはいくつかのテクニックが必要になってきます。今回はそんなテクニックの中でも引っ張りと呼ばれるテクニックについて書いていきます。