スポンサード リンク

リバーシの危険な辺の形、ウイング

 

辺を取るべきか否か

まずウイングの危険性を語る前にリバーシにおいて辺を取るべきか否かについて話をします。結論をいうと、状況にもよりますが基本的に辺は相手に与えたほうが有利です。

 

なぜならば序盤、中盤にはたくさん返すことで自分の置き場所を少なくしたくないからです。リバーシの戦局を序盤、中盤、終盤でわけた場合、数にこだわるのは終盤だけで、それ以外は状況を優先するのがセオリーです。

 

その状況とは何か。自分よりも上手い相手とリバーシをプレイしているときに早い段階で置き場所がなくなってしまったことはないでしょうか?

 

初心者ではないプレイヤーは序盤、中盤において、相手に自分の置き場所をなくさせないこと、相手の置き場所をなくすこと、この2つの状況を最優先に攻防しています。

 

当然、相手の石が減れば自分の置き場所は減り、相手の置き場所が増えることになるので序盤、中盤においては不必要な場所をできるだけ返さないことが重要です。

 

それを実行する上で辺を持っていると、意図しない斜め方向が返ってしまったりと多く取ってしまうことになるので、辺は相手に与えたほうが有利といえるのです。

 

ウイングとは

ここからが本題、ウイングとはなにか。ウイングとはリバーシの辺の5マスが埋まっている状態のことを指します。仮に盤面の横の列を左からa,b,c,d,e,f,g,h。盤面の縦の列を上から1,2,3,4,5,6,7,8とします。

 

左の辺を例に挙げると、a2からa6までの5マスまたはa3からa7までの5マスが埋まっている状態がウイングです。

 

ウイングの危険性

引き続き上の例で考えていきましょう。自分がa3からa7までの5マスでウイングを作っているとします。このとき相手がb2に入ったら次の手であなたはどこに入るでしょうか?本音としてはa1に入りたいと考えるのが一般的でしょう。

 

しかしここでa1に安易に入れないことこそがウイングの危険性なのです。

 

相手がb2に置いたことを受けてa1に入る場合、当然斜めに返してa1を取ることになると思います。相手の石だったb2が自分の石になり相手に順番が回りますが、ここで相手はどこに入ろうと考えるでしょうか?ぼくなら迷わずa2に入ります。

 

ここまでくるとはっと気付かされる人も少なくないでしょう。この時点でa2は隙間に入っているため返すことができません。そしてその下にはa3からa7まで自分の石があります。つまり左下の隅であるa8を献上してしまうことになるのです。

 

もしも自分がa1に入らなかったとしてもこの状況が変わることはまずありません。左の辺においてウイングを形成してしまったこと。このことが左側の攻防において劣勢を生み出しているのです。

 

危険な辺の形、ウイングについて理解してもらえたでしょうか?リバーシの辺の形については4つや6つよりもこの5つの形、ウイングが1番危険であるとされています。

 

この知識があるだけで自分がその形で辺を所持しないのはもちろんのこと、相手に辺を取らせるときにできるだけウイングで取らせることが考えられます。

 

自分がしたくないことを相手にさせる。これがリバーシで勝利する上で1番の鉄則なのです。

 

結木千尋

 
スポンサード リンク

リバーシの【ウイング】とは?関連ページ

リバーシの戦術【中割】
ルールを簡単に覚えられるボードゲーム、リバーシ。日本人に馴染みのあるボードゲームの将棋と比較してもその簡単さは一目瞭然だと思います。しかしルールが簡単だからといって簡単に勝てるわけではありません。それがリバーシの面白いところ。今回はリバーシが楽しいけれど、なかなか勝てないと悩んでいる人に向けてリバーシの基本戦術である中割について詳しくなってもらおうと思います。
リバーシのテクニック【ストナー】
基本的なことはすべて覚えたはずなのに勝てない! リバーシを始めて、強くなるまでの過程にはそういう時期が必ずあります。序盤の有利の作り方や、中盤の有利の維持、不利の返し方、終盤の手のチョイスなど、原因はさまざまです。実は自分がふつうだと思っていた手があまり良くない手だったなんてこともあるかもしれません。知識が少ないせいで負けている対局も0ではないでしょう。例えば、ストナーという技術を聞いたことがありますか?もし聞いたことがなければこれを覚えるだけであなたはもう一段階強くなれます。
リバーシ【C打ち】
世にあるさまざまなものにはその世界だけで使う専門用語があります。ゲームに関していえば、戦略的なものもあるでしょうし、特定のマスなど機能的な説明のための専門用語もあるでしょう。それは当然リバーシにも存在します。ただもともとのルールや遊び方がシンプルなリバーシですからそれほど難しいということはありません。今回はそんなリバーシ用語、C打ちについて説明します。
リバーシのテクニック【引っ張り】とは
リバーシでは置ける場所が多いほど自身に有利にはたらきます。当然置ける場所が減っていけば不利になるわけなので、相手をいかにそういう状況に持っていくか考えることが勝利する上で重要なプロセスで、そのためにはいくつかのテクニックが必要になってきます。今回はそんなテクニックの中でも引っ張りと呼ばれるテクニックについて書いていきます。