スポンサード リンク
スポンサード リンク

リバーシのテクニック記事一覧

中割とは文字通り、中を割るように取っていくというリバーシの基本戦術です。中を割るってどういうこと?ってなりますよね。要するに、自分の色の石を内側(中)に、相手の色の石を外側に配置する戦術です。中割がうまく実践できるだけで、自分の置き場所を確保しつつ、相手の置き場所を0に近づけることができてしまうのです。なぜ置き場所をコントロールできるのか想像してみてください。盤面の中央には相手の色の石があり、その...

ストナーは隅をひとつ相手に与える代わりに、自分も隅をひとつ取る技術です。リバーシにおいて本来1番危険なマスである、隅から斜めに1つ内側に入ったマスにわざと入り、その隅を相手が取ろうと準備している隙に別の隅に対して選択を迫る。これがストナーです。うまく決まると劣勢をはねのけるだけの破壊力があるストナー。しかし状況を選ぶ上にミスになりやすいため思考力が求められます。次の見出しではストナーができる状況に...

「C」とは隅の隣のマスC打ちについて知るためにはまずこのCが何を指すのかというところからでしょう。Cとは特定のマスのことを指しています。端の中でも特に隅に隣接した2マスのことをCと呼ぶのです。1つの隅につき、隣接する端のマスは2マス。それが4箇所あるわけですからCと呼ばれるマスは盤面上に8マスあることになります。このマスに石を置くことをリバーシではC打ちと呼んでいます。C打ちは有利手か、不利手か?...

辺を取るべきか否かまずウイングの危険性を語る前にリバーシにおいて辺を取るべきか否かについて話をします。結論をいうと、状況にもよりますが基本的に辺は相手に与えたほうが有利です。なぜならば序盤、中盤にはたくさん返すことで自分の置き場所を少なくしたくないからです。リバーシの戦局を序盤、中盤、終盤でわけた場合、数にこだわるのは終盤だけで、それ以外は状況を優先するのがセオリーです。その状況とは何か。自分より...

相手が置ける場所を減らすためにリバーシをプレイしていると一方向が全て相手の石になり、それが壁となってそれより向こう側には相手が置けない状態になることがあります。このとき自分が置ける場所がそちら側にたくさんあるからといって何も考えずに置いてしまうと相手が置ける場所を増やしてしまうことになり、勝利からは遠ざかってしまいます。相手が置いてほしい場所には置かず、自分が置かせたい場所に相手に置かせる、これが...