スポンサード リンク

C打ちとは?

「C」とは隅の隣のマス

リバーシC打ち

C打ちについて知るためにはまずこのCが何を指すのかというところからでしょう。Cとは特定のマスのことを指しています。

 

端の中でも特に隅に隣接した2マスのことをCと呼ぶのです。1つの隅につき、隣接する端のマスは2マス。

 

それが4箇所あるわけですからCと呼ばれるマスは盤面上に8マスあることになります。このマスに石を置くことをリバーシではC打ちと呼んでいます。

C打ちは有利手か、不利手か?

これを読んでくれている人たちが気になるのはつまるところここだと思います。結論から先にいうと、初心者にとってC打ちは不利手なので避けたほうが懸命です。なぜか。それは相手に自分の置く場所をコントロールされてしまうからです。

 

リバーシで1番重要なマスは隅です。C打ちをしてしまうと相手がCマスの隣に入った場合、隅を渡すことになってしまうので返さざるを得なくなってしまいます。相手が上手ければ上手いほど、返さざるを得ないことを利用してそのマスに入ってくるでしょう。

 

また他の場合だとCマスの隣を1マス空けてその隣に相手が入る場合もあります。この場合でもCマスの隣に相手は入る選択ができますが、自分はそのマスに入ってしまうと隅を相手に与えることになるので選択できません。

 

リバーシは相手に置かせるゲームなので、このように相手に選択権が多かったり、コントロールされてしまう状況は直接的に不利につながります。戦略があってC打ちをする場合はこの限りではないですが、考えなしにC打ちをするのは避けたほうがいいでしょう。

 

リバーシ用語のC打ちとはなにか、そしてC打ちは有利手なのか、不利手なのかを今回は書きました。あらゆる対戦ゲームに言えることですが、自分がしてはいけない行動は相手にとっても同じです。

 

C打ちについて理解を深めることで、相手がC打ちをしたときにはチャンスだと思える、それが上達への近道です。さらに知識や技術をつけて上達できるよう、努力していきましょう。

 

結木 千尋

スポンサード リンク

リバーシ【C打ち】関連ページ

リバーシの戦術【中割】
ルールを簡単に覚えられるボードゲーム、リバーシ。日本人に馴染みのあるボードゲームの将棋と比較してもその簡単さは一目瞭然だと思います。しかしルールが簡単だからといって簡単に勝てるわけではありません。それがリバーシの面白いところ。今回はリバーシが楽しいけれど、なかなか勝てないと悩んでいる人に向けてリバーシの基本戦術である中割について詳しくなってもらおうと思います。
リバーシのテクニック【ストナー】
基本的なことはすべて覚えたはずなのに勝てない! リバーシを始めて、強くなるまでの過程にはそういう時期が必ずあります。序盤の有利の作り方や、中盤の有利の維持、不利の返し方、終盤の手のチョイスなど、原因はさまざまです。実は自分がふつうだと思っていた手があまり良くない手だったなんてこともあるかもしれません。知識が少ないせいで負けている対局も0ではないでしょう。例えば、ストナーという技術を聞いたことがありますか?もし聞いたことがなければこれを覚えるだけであなたはもう一段階強くなれます。
リバーシの「ウイング」とは?
リバーシにも勝敗を争うゲームである以上、さまざまな悪手が存在します。今回はその中でも辺の形に焦点をあて、ウイングと呼ばれる悪い形について紹介します。
リバーシのテクニック【引っ張り】とは
リバーシでは置ける場所が多いほど自身に有利にはたらきます。当然置ける場所が減っていけば不利になるわけなので、相手をいかにそういう状況に持っていくか考えることが勝利する上で重要なプロセスで、そのためにはいくつかのテクニックが必要になってきます。今回はそんなテクニックの中でも引っ張りと呼ばれるテクニックについて書いていきます。