スポンサード リンク

リバーシは端を意識して戦うゲーム

 

リバーシは自分の色の石を多く残した方が勝利するゲームです。その目標に向かって、できるだけたくさんの石を取ることは多くの人が思いつく手段ですが、それ以外にも見落としてはならない重要な考え方があります。

 

それはできるだけ石を取られないこと。取られる石が少なければ必然的に残る石が多くなるという発想です。どうすれば取られる石を最小限に押さえることができるか。それには端(盤面の4辺)を意識して戦うことが重要となってきます。

 

『端にある石は取られづらい』

なぜ端を意識して戦うことが重要なのか。リバーシの盤面を見てください。端にある石はどうすれば挟むことができるでしょうか?想像すればすぐわかると思いますが、辺によって縦横のどちらかひとつ以外に挟む方法はないはずです。

 

挟む方法が少ないことは、挟みづらいこと、つまり取られづらいことを意味しています。四隅にいたってはどのようにしても挟むことができません。このように端を意識して戦うことがリバーシにとって重要なのです。

 

『端を持っているとこんなメリットも』

端を持っていると他にもこんなメリットがあります。前述のとおり、リバーシは自分の色の石を多く残したほうが勝利するゲームで、そのためにはたくさんの石を取ること、できるだけ石を取られないこと、このふたつが重要な考え方だと述べてきました。実は端を持っていることは結果的にたくさんの石を取ることにもつながります。

 

リバーシは外側から相手の石を挟んで取るという性質上、盤面の中央に近いほど取られやすい側面があります。しかし端にはそれ以上外側がありません。そういう意味では1番外側から内側にあるすべての石を取れる可能性が端にはあるのです。

 

今回はリバーシの考え方、そのなかでも端の重要性について書きました。これを意識するだけで勝率が上がることが実感できると思います。それでもリバーシの世界は『極めるのに一生』です。さらに上達できるように努力していきましょう。

 

結木千尋

 
スポンサード リンク

リバーシの考え方|端を意識して戦う関連ページ

リバーシの遊び方|ルールの基本説明
みなさんはリバーシというボードゲームを聞いたことがあるでしょうか?誰もが1度は目にしたことがあると思います。オセロとも呼ばれる、日本で生まれたこのゲームの遊び方を紹介します。
リバーシの危険地帯|リバーシで最も危険なマスとは?
世の中には勝敗を競うボードゲームがたくさんあります。そのすべてに勝負を決めてしまうような悪い手が存在し、一度踏み入れてしまうと取り返しがつかない状況になることが少なくありません。もちろんリバーシにもそれはあります。今回はリバーシの危険地帯と銘打ってそんな悪手を紹介します。
リバーシの基本|石を多く取るの間違い?
基本というのは勝負を決める競技において1番勝ちに近づくための手段と言えると思います。その中でも今回は応用的な内容ではなく、文字通り基本的な内容のリバーシの勝ち方について書いていきます。
リバーシで初心者を抜け出すためには?
どんなゲームでもルールを覚えたばかりの初心者ではなかなか勝てないもの。それはリバーシにおいても同じです。今回はリバーシで初心者を抜け出すために意識したほうがいい点について書いていきます。
リバーシのコツは石を取りすぎないこと?
8×8マスの盤面の上で自分の色の石の数を争うリバーシ。勝敗がつくゲームである以上リバーシにも勝つためのコツがあります。それは相手の置き場所をなくすこと。しかしそのために具体的にどんなことを意識すればいいのか、詳しいやり方について今回は解説していきます。
リバーシにおける隅の重要性
誰にでも簡単にルールが覚えられ、気軽に勝敗を競い合うことができるボードゲーム、リバーシ。その手軽さとは裏腹に知識や技術が全くない状態ではなかなか勝てません。敷居が低く、誰にでもプレイできるゲームではあるものの、それでも上手い下手が分かれてしまう深さがリバーシにはあります。 今回はそんなリバーシの1番重要なマスについて。