スポンサード リンク

リバーシの危険地帯を知ろう

 

最も危険なマス

誰に言わせてもリバーシの危険地帯といえばここと答えると思います。四隅から斜めに1マス移動した、端に面していないマス。ではそれはなぜか。

 

リバーシで最も重要なマスは四隅です。返されることがないのはもちろんのこと、そこから順に端を埋めていけば、つながったところはすべて返されることがありません。絶対に返されないエリアを拡大していくためには四隅の存在は不可欠です。

 

その四隅に直結するのがそこから斜めに1マス移動した、端に面していないマス。ここに自分の色の石が入ってしまうことで相手はいつでも四隅を取ることができるわけです。

 

すぐには取られないからは初心者の常套句

先程説明した最も危険なマス。ここに自分の色の石が入ると相手はいつでも四隅を取ることができると説明しましたが、状況によっては相手が挟むことができず、すぐに取れない場合があります。

 

それでもこのマスが最も危険であることに変わりはありません。初心者に多いのが、「相手が置けないから大丈夫」という意見。確かにそのときは置けないかもしれませんが、最終盤でもない限り必ず数手以内に置ける状況を作られてしまいます。

 

そしてそのような意見を言う人ほど万が一取られた場合のことを考えていません。結局四隅を取られてしまうハンディキャップを返せずジリ貧になり、大差で負けてしまうことがほとんどです。

 

やはり明確な意図を持ってその危険なマスに置くのならともかくとして、初心者がその場しのぎでその危険なマスに置いてしまうのは避けた方が無難だといえます。

 

リバーシの危険地帯について理解していただけたでしょうか?危険地帯を認識することはただ自分が気をつける意味でももちろん有用ですが、勝つために相手をそこに誘導することにおいても意味を持ちます。

 

リバーシは置くゲームではなく、置かせるゲーム。その意識を強く持つことでさらなる上達が見込めると思います。

 

結木千尋

 
スポンサード リンク

リバーシの危険地帯|リバーシで最も危険なマスとは?関連ページ

リバーシの遊び方|ルールの基本説明
みなさんはリバーシというボードゲームを聞いたことがあるでしょうか?誰もが1度は目にしたことがあると思います。オセロとも呼ばれる、日本で生まれたこのゲームの遊び方を紹介します。
リバーシの基本|石を多く取るの間違い?
基本というのは勝負を決める競技において1番勝ちに近づくための手段と言えると思います。その中でも今回は応用的な内容ではなく、文字通り基本的な内容のリバーシの勝ち方について書いていきます。
リバーシで初心者を抜け出すためには?
どんなゲームでもルールを覚えたばかりの初心者ではなかなか勝てないもの。それはリバーシにおいても同じです。今回はリバーシで初心者を抜け出すために意識したほうがいい点について書いていきます。
リバーシの考え方|端を意識して戦う
今回はリバーシの考え方について。ルールだけを取れば単純で誰でも簡単に覚えられるリバーシ。それでも誰しもがなかなか勝てない経験をしたことがあると思います。リバーシが上手な人でも昔はみなさんと同じように勝てないときがありました。なぜ勝てるようになったのでしょうか?そこにはリバーシに必要な考え方があります。
リバーシのコツは石を取りすぎないこと?
8×8マスの盤面の上で自分の色の石の数を争うリバーシ。勝敗がつくゲームである以上リバーシにも勝つためのコツがあります。それは相手の置き場所をなくすこと。しかしそのために具体的にどんなことを意識すればいいのか、詳しいやり方について今回は解説していきます。
リバーシにおける隅の重要性
誰にでも簡単にルールが覚えられ、気軽に勝敗を競い合うことができるボードゲーム、リバーシ。その手軽さとは裏腹に知識や技術が全くない状態ではなかなか勝てません。敷居が低く、誰にでもプレイできるゲームではあるものの、それでも上手い下手が分かれてしまう深さがリバーシにはあります。 今回はそんなリバーシの1番重要なマスについて。