スポンサード リンク

リバーシのテクニック、引っ張りとは?

 

相手が置ける場所を減らすために

リバーシをプレイしていると一方向が全て相手の石になり、それが壁となってそれより向こう側には相手が置けない状態になることがあります。

 

このとき自分が置ける場所がそちら側にたくさんあるからといって何も考えずに置いてしまうと相手が置ける場所を増やしてしまうことになり、勝利からは遠ざかってしまいます。

 

相手が置いてほしい場所には置かず、自分が置かせたい場所に相手に置かせる、これがリバーシのテクニック、引っ張りです。

 

相手のフィールドで勝負はせず、自分のフィールドに相手を引っ張ってくる。相手が置ける場所を減らすためにはこのように自分が盤面をコントロールすることが重要なのです。

 

引っ張りの注意点

対戦相手との間に明確な実力差があり、この引っ張りのテクニックを自分だけが知っている状態なら問題はないのですが、対戦相手との実力が拮抗してくるとお互いに引っ張りで自分のフィールドに相手を巻き込もうとし、攻防になることがあります。

 

引っ張りは相手の石が多い側には置かず、自分の石が多い側で展開する性質上、上で説明したような自分の石の壁を厚くしてしまう傾向があり、引っ張りの攻防で負けてしまった場合には著しく不利になります。

 

盤面を読み取り、状況を正確に把握することで、引っ張りの攻防に乗るかどうかを判断すること。これが引っ張りをする上で1番の注意点といえるでしょう。

 

引っ張りに限らず、いまどちらが有利なのか状況を正確に把握することは、リバーシにおいて次の一手に深く関わっています。その理解の先に自分の持つどのテクニックをチョイスするのか。

 

そこに引っ張りの選択肢があることで勝率は変わってくるでしょう。引っ張りは特別に難しいことではありません。有効な場面で実行できるように知識として蓄えておきましょう。

 

結木千尋

 
スポンサード リンク

リバーシのテクニック【引っ張り】とは関連ページ

リバーシの戦術【中割】
ルールを簡単に覚えられるボードゲーム、リバーシ。日本人に馴染みのあるボードゲームの将棋と比較してもその簡単さは一目瞭然だと思います。しかしルールが簡単だからといって簡単に勝てるわけではありません。それがリバーシの面白いところ。今回はリバーシが楽しいけれど、なかなか勝てないと悩んでいる人に向けてリバーシの基本戦術である中割について詳しくなってもらおうと思います。
リバーシのテクニック【ストナー】
基本的なことはすべて覚えたはずなのに勝てない! リバーシを始めて、強くなるまでの過程にはそういう時期が必ずあります。序盤の有利の作り方や、中盤の有利の維持、不利の返し方、終盤の手のチョイスなど、原因はさまざまです。実は自分がふつうだと思っていた手があまり良くない手だったなんてこともあるかもしれません。知識が少ないせいで負けている対局も0ではないでしょう。例えば、ストナーという技術を聞いたことがありますか?もし聞いたことがなければこれを覚えるだけであなたはもう一段階強くなれます。
リバーシ【C打ち】
世にあるさまざまなものにはその世界だけで使う専門用語があります。ゲームに関していえば、戦略的なものもあるでしょうし、特定のマスなど機能的な説明のための専門用語もあるでしょう。それは当然リバーシにも存在します。ただもともとのルールや遊び方がシンプルなリバーシですからそれほど難しいということはありません。今回はそんなリバーシ用語、C打ちについて説明します。
リバーシの「ウイング」とは?
リバーシにも勝敗を争うゲームである以上、さまざまな悪手が存在します。今回はその中でも辺の形に焦点をあて、ウイングと呼ばれる悪い形について紹介します。